\ ゲームのおもしろさを伝えるブログ /

大阪旅行の隙間時間にオススメ!万博公園「ニフレル」

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

こんにちわ!ウテナです。

今日は大阪の郊外にある観光スポット「ニフレル」とその近隣の観光スポットをご紹介します。
伊丹空港(関西空港)から電車でスグの場所にあるので、最終日の飛行機の前にちょっと寄ったりするのにピッタリな場所です!

ちょっと時間があるけど、ドコに行こうかなーと悩んでる方は是非参考にしてみてください。

生きてるミュージアム「ニフレル」

ニフレルとは?

「感性にふれる」をコンセプトに作られた水族館&ぷち動物園です。

少し小さめの施設ですが、魚や動物たちを身近に感じられるような展示が特徴!
動物エリアでは柵の無い所を、ペリカンや猿がウロウロしていたりと結構楽しめる。

7つのゾーンがあり、それぞれにコンセプトが設定されていて子供から大人まで楽しめる施設です。

入場料

  • 大人(16歳以上)  1,900円
  • 子供(小・中学生) 1,000円
  • 幼児(3歳以上)    600円

同じ大阪の「海遊館」に比べるとずいぶん安い料金で楽しめます。
夕方17時以降限定の割安チケットもあり、少しだけ行くのにピッタリ!

午前中は修学旅行生などで混雑してる為、午後からの訪問がオススメです。

こんな人におすすめ

  • 魚を近くでみたい方
  • 地味だけど珍しい魚が好きな方
  • お買い物のついでに寄りたい方
  • 空港から直接行きたい方
  • ちょっと工夫された展示が気になる方

普通の水族館よりは、規模が小さいですが展示の仕方を工夫していたり身近で観察できたりとニフレルならではの魅力があります。

ホワイトタイガーやワニが展示されているコーナーにはカフェが併設されており、動物たちを見ながら食事をすることもできるんです!
わたしはちょっと奥の席に座ってしまった為、あんまり見えなかったですが・・・!窓際に座ると動物たちが遠いのでぜひ手前に!手前に座りましょう。

とにかく綺麗な展示の仕方をしてるので、
「見せる」というよりも「魅せる」という展示がとても楽しかったです!!

さらにドクターフィッシュも居て、無料で体験できます。
よく足の角質食べてもらえるやつ温泉施設とかにありますよね!さすがに足は無理ですが手の角質を食べてもらいましたよー。

くすぐったくて・・・ちょっと気持ち悪いけど初体験で楽しかったです!
誰が1番魚が集まってくるか?角質いっぱい溜めてるのは誰だ!と家族や友達と対決してみてもいいですね。

ニフレルで触れ合える魚たち

タコ

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

目が怖い・・・(´・ω・`)
吸盤がデカイ!

お刺身にしたら美味しそうですけど、近くで見るとタコって怖いんですねw

ちょっと痛いテッポウウオ

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

この謎の棒をツンツンしたりすると、
下を泳いでるテッポウウオが水飛ばしてきます!

その勢いがすごくて、結構痛いんですよ。
この水鉄砲で水面にいる小動物を攻撃して捕食するらしいです。

魚のクセに意外と狩人なのです。

チンアナゴさん

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

チンアナゴの砂の中ってどうなってるだろう?と思ってたんですが、
ニフレルでは砂ではなくジェル状の展示な為くっきり見えました。

こうなってたんですねー(´・ω・`)w
直立不動です。

こういう展示の仕方がいくつかあって、
「こうなってるんだ!」という発見がいくつもありました!

ぺんぎんさん

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

手を伸ばしたら届きそうな場所にいます。
(さわっちゃダメです)

子供はペンギン好きな子おおいですよね!
水族館では人気の生き物です。

あれ・・・?これ仲良ししてるの・・・?と思うくらいペンギンさんが密着してましたが!
動物の生態を見れるということですw

ニフレルで触れ合える動物たち

ホワイトタイガー

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

ちょっと小さめの施設なのにホワイトタイガーがいます!
迫力満点です。

同じ部屋の中に、プール(水槽)があり魚が泳いでるんですけどね、
「え?虎に食べられちゃわないの?」と不思議に思ったのですが肉食だから食べないんですかねー!

ど迫力のワニさん

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

めちゃめちゃデカイワニもいます。

目がこわい・・・!
漫画ワンピースでアーロンがキレたときと同じ目をしてました。
(わかりにくい)

このワニぜんぜん動かないんで、
のんびり観察してみましょう(´・ω・`)

 

この他にも魚や動物がたくさんいます。
ニフレル公式HPでどんな動物がいるのか一覧になっているので、見てみるといいかもしれません。

施設内のカフェで食べる水を

施設内には、ちょっとしたカフェがあります。

そこで「食べる水」というものが売っていたので試しに食べてみました。
数量限定ですが、午後14時すぎに訪問した時はかなりの量が余っていましたのでご安心ください。

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

ぷるっぷるのゼリーです。
食べる水というキャッチコピーに惹かれて買ってみましたが・・・

味の無いゼリーでした!
ほんとうに無味ですね。

250円(税込)と安いので、一度食べてみるのもネタになっていいかもしれません。
でもあまり美味しくはないですw

ニフレルの情報

  • 施設名:ニフレル
  • 住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 年中無休
  • 完全禁煙

ニフレルへのアクセス

大阪モノレール「万博記念公園駅」より約2分

ウテナ

駅にコインロッカーがあるので、大きめのキャリーなどを持ったままでも大丈夫です。

ニフレル近隣の観光スポット

「エキスポシティ」
「万博記念公園」が徒歩圏内でオススメです。

エキスポシティは大型商業施設で、お買い物はココ一か所で事足りてしまうほど充実しています。

そして漫画「20世紀少年」が好きだった方は万博公園で太陽の塔を見にいきましょう!

大阪旅行の隙間時間に!万博公園「ニフレル」

ここを散歩しつつ、
そしてT-REXの「20th Century Boy」を爆音で聞きましょう!!

マニアックすぎ?

まぁ、いいから試しに好きな人は聞いてみてね。
スーーーーパーテンション上がるはずです(*´ω`*)

まとめ:ちいさくても意外と楽しめるのがニフレル

という訳で「ニフレル」のレビューでした。

  • 友達同士でも
  • カップルでも
  • 家族と一緒に
  • ネトゲのオフ会にもピッタリ

いろんな世代の方と一緒に楽しめるのが水族館のいいところですね。
今回わたしは、旦那とネトゲ仲間の夫婦と行きました!

ホワイトタイガーの肉球を観察したり、
これは刺し身でいけそうだな、と考えてみたり。(けっこう食べれそうな魚も多かったので)

こじんまりとした施設なので、あんまり歩き回らなくていいのも高ポイント!
旅行中って結構歩くから、疲れてるんですよねー。2時間程度あればじっくり見て回れると思います。

期待してたより、楽しかったー!!
旅行でどこかもう1か所くらい行きたいなーと思ってる人にオススメです。

大阪のオススメスポットならこちらもオススメ!
>>アメ村観光の休憩にぴったり!猫カフェ「CAT OF LIBERTY」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)